「狂室」背中がゾクゾク!集団心理の描写がすごい。

 

「狂室」の魅力

集団心理の恐ろしさを上手く伝えてくれる漫画です。

特に閉鎖的な学校の教室で悪徳教師に悩まされている生徒達が一人の女子生徒の自殺を境に精神が狂わされていく過程が背中をゾクゾクとさせてくれます。

またクラスメイト達とは対照的に主人公は一般的な思考の持ち主で葛藤しどこか自己中的な性格はリアルな十代の子らしくて共感できます。

なにより血の描写などショッキングなシーンの連続でホラー的な印象を受けつつミステリーっぽい謎解きの部分も垣間見えるのが素晴らしいです。

 

「狂室」のあらすじ

ある女子生徒が教室で自殺した。主人公である春音を始めクラスメートたちに動揺が走る。

しかし担任の教師は少女の死に敬意を払う所か悪態をつく。

教室にいる者すべてが担任に敵意を抱いた瞬間であった。そしてこのクズ教師も謎の死を遂げる。

それを見た春音は誰かに知らせようとするがクラスメートたちはそれを許さずその死体を隠蔽することを決意する。

生徒達はこの事件をきっかけに結束力を強める中、春音は自分の選択が正しかったのか悩む事になる。

はたして罪を犯した生徒達の行く末はどこかへ、そして秘密は守られるのか。

 

「狂室」の好きなシーンは?

なにより自殺した少女に向かって舌打ち&「手間取らせやがって」のセリフをはいたクズ教師がその後すぐ死体になったシーンは個人的にスカッとしていましました。

また教師が殺されたのが当然だというクラスメート達とは対象的に主人公がどんどん追い詰められてゆく中

「僕は見ていただけだ」

と自分の正当性を探している場面は結構リアルな心理描写でちょっとかわいそうだな感じられるのが凄いです。

 

わたしの感想

本当は主人公の春音が普通の精神状態であるはずなのに他の生徒達の狂気というか集団心理の描写のせいで春音の方がおかしいのではないかと思わせてくれるのが凄いです。

そこにはクラスメートの死とクズ過ぎる教師というキャラクターが上手く絡まっていると思います。

また春音が選択の余地なく死体の隠蔽に関わらなくてはいけなくなるというのはサスペンスドラマっぽくてワクワクします。

そして伏線もうまく張られており教師を殺した犯人が誰なのかを推理する楽しみも残されている所も凄い楽しいです。

関連記事

NO IMAGE

SNSに溺れる女たち 悲惨な結末を迎える姿をオムニバス形式で綴ったサスペンス集で...

約束のネバーランド 感想ネタバレとわたしの好きなシーンは?

深夜のダメ恋図鑑 面白かったダメンズエピソード

狂室のあらすじ感想。クラスが1体となって『死体を隠す』

【まんが王国】淫習の村 遂にはけん玉で犯されて!!

「初めて恋をした日に読む話」親の言いなり人生に対抗!感想ネタバレ!